文字種を変換する

 関数を用いて文字種を変換する例です。
 Accessの場合は通常StrConv関数(簡単なリファレンスはこちら)だけで事足りますが、変換の内容に応じた引数を選ぶときによく迷いますので、さまざまな変換と引数の具体例を示します。

変換の種類と関数の例

ひらがな(あいう)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
ひらがな→全角カタカナStrConv("あいう",16)アイウ
ひらがな→半角カタカナStrConv("あいう",24)アイウ

全角カタカナ(アイウ)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
全角カタカナ→ひらがなStrConv("アイウ",32)あいう
全角カタカナ→半角カタカナStrConv("あいう",8)アイウ

半角カタカナ(アイウ)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
半角カタカナ→ひらがなStrConv("アイウ",36)あいう
半角カタカナ→全角カタカナStrConv("アイウ",4)アイウ

全角英大(ABC)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
全角英大→全角英小StrConv("ABC",2)abc
全角英大→全角英小Lcase("ABC")abc上と同じ変換内容
全角英大→半角英大StrConv("ABC",8)ABC
全角英大→半角英小StrConv("ABC",10)abc
全角単語先頭大文字StrConv("ABC DEF",3)Abc Def
半角単語先頭大文字StrConv("ABC DEF",11)Abc Def

全角英小(abc)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
全角英小→全角英大StrConv("abc",1)ABC
全角英小→全角英大Ucase("abc")ABC上と同じ変換内容
全角英小→半角英大StrConv("abc",9)ABC
全角英小→半角英小StrConv("abc",8)abc
全角単語先頭大文字StrConv("abc def",3)Abc Def
半角単語先頭大文字StrConv("abc def",11)Abc Def

半角英大(ABC)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
半角英大→全角英大StrConv("ABC",4)ABC
半角英大→全角英小StrConv("ABC",6)abc
半角英大→半角英小StrConv("ABC",2)abc
半角英大→半角英小Lcase("ABC")abc上と同じ変換内容
全角単語先頭大文字StrConv("ABC DEF",7)Abc Def
半角単語先頭大文字StrConv("ABC DEF",3)Abc Def

半角英小(abc)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
半角英小→全角英大StrConv("abc",5)ABC
半角英小→全角英小StrConv("abc",4)abc
半角英小→半角英大StrConv("abc",1)ABC
半角英小→半角英大Ucase("abc")ABC上と同じ変換内容
全角単語先頭大文字StrConv("abc def",7)Abc Def
半角単語先頭大文字StrConv("abc def",3)Abc Def

全角数字(123)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
全角数字→半角数字StrConv("123",8)123

半角数字(123)からの変換

変換の種類関数の記述例戻り値備考
半角英小→全角英大StrConv("123",4)123

全角と半角の変換における注意点

 StrConv関数による全角と半角の変換の効果はすべての文字種に及びますので、特定の文字種だけ全角と半角を変換しようとしても基本的にできません。
 例えば「StrConv("アイウABCabc123",8)」の戻り値は「アイウABCabc123」となり、英字や数字だけ半角にしようとしてもできませんので注意が必要です。