Nz関数

 指定した値がNullでなければそのままの値を返し、Nullであるときは代替値を返します。

使用例

表記例出力例説明
Nz("あいうえお",0)あいうえお「あいうえお」という文字列はNullではないので(代替となる「0」ではなく)そのままの値が返されます
Nz(12345,0)1234512345という数値も当然Nullではないのでそのままの値が返されます
Nz(Null,0)0Nullに対して代替値である0が返されます
Nz("",0)(長さ0の文字列)長さ0の文字列はNullではないのでそのまま返されます
Nz(Null,Null)(Null)代替値としてNullが返されます
Nz("あいうえお")あいうえお値がNullでなく、代替値が省略されている場合、値がそのまま返されます
Nz(Null)(長さ0の文字列)値がNullで、代替値が省略されている場合、長さ0の文字列が返されます

書式

   Nz(Null候補値[,代替値])

備考

 なにげない関数ですが、AccessではNullを四則演算等の計算や(多くの)関数に組み込んだ場合に結果がNullになってしまう(Nullの伝播)ため多用されます。