Exp関数

 自然対数の底(e)を指定した数値でべき乗した値を返します。

使用例

表記例出力例説明
Exp(2)7.38905609893065e^2≒7.39となります
Exp(Log(5))5Logの逆関数です
Exp(1)2.71828182845905e^1=eです
Exp(0)10乗は当然1となります

書式

   Exp(数値)

備考

 上記のように、eの値そのものはExp(1)とすることで求まります。