BuildCriteria関数

 SQLのSELECT文や定義域集合関数(DLookUp関数など)のWhere条件に用いられる文字列を生成します。

使用例

表記例出力例説明
BuildCriteria("商品コード",10,"00001 Or 00002")商品コード="00001" Or 商品コード="00002"テキスト型を指定した例(第2引数10)。「"」が補われます
BuildCriteria("商品コード",3,"00001 Or 00002")商品コード=1 Or 商品コード=2整数型を指定した例(第2引数3)
BuildCriteria("価格",3,">=60000 And <100000")価格>=60000 And 価格<100000数値の範囲指定を行う例
BuildCriteria("発売日",10,"2016/9/15 Or 平成28年9月16日")発売日="2016/9/15" Or 発売日="平成28年9月16日"テキスト型を指定した例(第2引数10)
BuildCriteria("発売日",8,"2016/9/15 Or 平成28年9月16日")発売日=#9/15/2016# Or 発売日=#9/16/2016#日付型(第2引数8)を指定した例。「#」が補われます。「月/日/年」という並びになりますが検索においては問題なく機能します
BuildCriteria("価格",3,"Null")価格 Is Null値としてNullを指定した例。型(第2引数)に関わらず「Is Null」が補われます
BuildCriteria("商品名",10,"S*")商品名 Like "S*"値にワイルドカード(「*」や「?」)を指定した例。「Like」が補われます

書式

BuildCriteria(フィールド名,データ型,検索値)

 データ型として指定できる値は次の通りです(全てではありません)。ただし生成される文字列が同じものについては実用上区別する必要はありません。

データ型意味
1ブール型
2バイト型
3整数型
4長整数型
5通貨型
6単精度浮動小数点型データ
7倍精度浮動小数点型データ
8日付型
9バイナリ型
10テキスト型

備考

 単に引用符(「#」など)が補われるだけでなく、上記の日付型の例のように検索値が適宜変換されますので、検索用フォームで抽出条件式を生成するのに用いると便利です。