日付に基づき上・中・下旬の区分を示す

f:id:accs2014:20180607235907p:plain:right:w500

 日付の値に基づき「上旬」「中旬」「下旬」の文字列を表示するという簡単な内容です。
 上旬は1日~10日、中旬は11日~20日、下旬は21日以降を表すものとします。
 サンプルとしてこのようなテーブルを用います。


f:id:accs2014:20180607235904p:plain:right:w500

 クエリデザインです。
 例として次の2つの列を設けます。


旬: Choose((Day([日付])-1)\10+1,"上旬","中旬","下旬","下旬")
月旬: Month([日付]) & "月" & Choose((Day([日付])-1)\10+1,"上旬","中旬","下旬","下旬")

※バックスラッシュは¥を表しています。


f:id:accs2014:20180607235901p:plain:right:w500

 データシートビューです。
 Switch関数を用いるなど、ほかにもやり方はありますが比較的短そうな式を選んでみました。