レポートやその他のオブジェクトをPDFに出力する

f:id:accs2014:20180728210817p:plain:right:w500

 かつてはPDF出力というと(仮想)プリンタドライバで対応していた例が多かったと思いますが、近年はOfficeにより直接出力することが可能となっています。
 こちらはレポートの例ですが、上部の「外部データ」タブから「PDFまたはXPS」を選択します。


f:id:accs2014:20180728210814p:plain:right:w600

 出力先を尋ねるウインドウがでますので、適当なところを選んで「発行」をクリックします。
 なお「ファイルの種類」から「XPS文書」を選ぶことで、マイクロソフトがWindows Vista以降で標準対応しているXPSファイル形式での出力も可能です。PDFに比べるとマイナーな印象はぬぐえませんが参考まで。


f:id:accs2014:20180728210810p:plain:right:w500

 出力後、Edgeで開いてみた様子です。


f:id:accs2014:20180728210807p:plain:right:w500

 その他のオブジェクトもPDFに変換できます。
 こちらはテーブルですが、同じく「外部データ」タブから「PDFまたはXPS」を選択します。


f:id:accs2014:20180728210804p:plain:right:w500

 その後同じように出力した結果です。
 フォームなども同じように出力可能となっています。