演算子一覧

 Accessで使用できる演算子の一覧です。
 クエリの式ビルダーで表示される演算子の分類に沿って示しています。

算術

 四則演算、べき乗、剰余(余り)の演算子からなります。

演算子表記例結果例説明
-7-2
5-(-3)
5
8
減算(引き算)を表します
*7*2
5*(-3)
14
-15
乗算(掛け算)を表します
/7/2
5/(-3)
3.5
-1.66666666666667
除算(割り算)を表します
^7^2
5^(-3)
49
0.008
べき乗を表します
\7\2
5\(-3)
3
-1
除算(割り算)を表します
ただし、分子も分母も割り算の前に整数値に丸められ(偶数丸め)、さらに割り算の結果は整数部分のみとなります
+7+2
5+(-3)
9
2
加算(足し算)を表します
Mod7 Mod 2
5 Mod (-3)
1
2
剰余(割り算の余り)を表します
具体的には、左側の値を右側の値で割った余りを表します

比較

 いずれも頻繁に用いられます。A>=B(AはB以上)とA>B(AはBを超える)の区別やA<=B(AはB以下)とA<B(AはB未満)の区別、Likeによるマッチングなどは重要なポイントです。

演算子表記例結果例説明
<1<0
1<1
1<999
"A"<"B"
#2016/01/01#<#2016/12/31#
0
0
-1
-1
-1
右側の値が左側の値より大きければ-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
文字列や日付の比較もできます
<=1<=0
1<=1
1<=999
"A"<="B"
#2016/01/01#<=#2016/12/31#
0
-1
-1
-1
-1
右側の値が左側の値と等しいか、より大きければ-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
<>1<>0
1<>1
1<>999
"A"<>"B"
#2016/01/01#<>#2016/12/31#
-1
0
-1
-1
-1
両方の値が等しくなければ-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
=1=0
1=1
1=999
"A"="B"
#2016/01/01#=#2016/12/31#
0
-1
0
0
0
両方の値が等しければ-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
>1>0
1>1
1>999
"A">"B"
#2016/01/01#>#2016/12/31#
-1
0
0
0
0
左側の値が右側の値より大きければ-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
>=1>=0
1>=1
1>=999
"A">="B"
#2016/01/01#>=#2016/12/31#
-1
-1
0
0
0
左側の値が右側の値と等しいか、より大きければ-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
Between3 Between 1 And 5
7 Between 1 And 5
"C" Between "A" And "E"
#2016/07/01# Between #2016/01/01# And #2016/12/31#
-1
0
-1
-1
左側の値が、右側で示される範囲に含まれれば-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
In1 In (1,3,5)
2 In (1,3,5)
"A" In ("A","B","C")
"A" In ("ABC")
#2016/07/01# In (#2016/01/01#,#2016/12/31#)
-1
0
-1
0
0
左側の値が、右側のリストに含まれれば-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
Like"ABC" Like "A*"
"ABC" Like "B*"
"ABC" Like "A??"
"ABC" Like "A???"
"ABC" Like "[A-C]*"
"EDC" Like "[A-C]*"
-1
0
-1
0
-1
0
左側の値が右側のパターンに一致すれば-1(True)を、そうでない場合は0(False)を返します
*は任意の文字列を、?は任意の1文字を表すワイルドカードです
[]により文字の範囲を指定することもできます

論理

 基本的にAndとOrとNotが使えれば十分です。Xorはかろうじて見かけなくもありませんが、Impなどはまずお目にかかれません。

演算子表記例結果例説明
And1=1 And 1=1
1=1 And 1<>1
1<>1 And 1=1
1<>1 And 1<>1
-1
0
0
0
2つの式の両方が真(True)である場合に-1(True)を返します
Eqv1=1 Eqv 1=1
1=1 Eqv 1<>1
1<>1 Eqv 1=1
1<>1 Eqv 1<>1
-1
0
0
-1
2つの式の両方が真(True)であるか、両方が偽(False)である場合に-1(True)を返します
Imp1=1 Imp 1=1
1=1 Imp 1<>1
1<>1 Imp 1=1
1<>1 Imp 1<>1
-1
0
-1
-1
2つの式の両方が真(True)であるか、最初の式が偽(False)である場合に-1(True)を返します
NotNot 1=1
Not (1=1 And 1=1)
0
0
この演算子により-1(True)と0(False)が逆になります
Or1=1 Or 1=1
1=1 Or 1<>1
1<>1 Or 1=1
1<>1 Or 1<>1
-1
-1
-1
0
2つの式の少なくとも一方が真(True)である場合に-1(True)を返します
Xor1=1 Xor 1=1
1=1 Xor 1<>1
1<>1 Xor 1=1
1<>1 Xor 1<>1
0
-1
-1
0
2つの式の一方のみが真(True)である場合に-1(True)を返します

文字列

 文字列を結合する&演算子のみです。

演算子表記例結果例説明
&"ABC" & "DE"
123 & 45
#2015/01/01# & #2016/12/31#
ABCDE
12345
2015/01/012016/12/31
文字列を結合します
数字や日付も同様に結合できます