String関数(String$関数)

 指定した文字列の頭文字を、指定した数値の数だけ繰り返した文字列を返します。
 String$関数については、戻り値の型が文字列型となります。

使用例

表記例出力例説明
String(3,"-")---
String(3,"-+")---2文字以上の文字列を指定しても、繰り返されるのは最初の1文字のみです
String(4.4,"-")----数値が小数の場合、回数は小数点以下を偶数丸めしたものとなります
String(4.5,"-")----数値が小数の場合、回数は小数点以下を偶数丸めしたものとなります
String(5.4,"-")-----数値が小数の場合、回数は小数点以下を偶数丸めしたものとなります
String(5.5,"-")------数値が小数の場合、回数は小数点以下を偶数丸めしたものとなります
String(0,"-")(長さ0の文字列)数値0を指定した場合、空文字となります
String(-1,"-")(エラー)マイナスの数値を指定した場合、エラーとなります
String$(3,"-")---$つきの場合、戻り値の型が文字列型となります

書式

   String(数値,文字列)
   String$(数値,文字列)

備考

 簡易な棒グラフの表示に用いることができます。
 引数の順序は間違いやすいので要注意です。

 なお、複数の文字を繰り返したい場合はReplace関数と併用します。
 具体的な例として「あいうえお」を3回繰り返す場合は

Replace(String(3,"x"),"x","あいうえお")

とします。