RTrim関数(RTrim$関数)

 指定した文字列の最後(右側)にある空白を取り除いた文字列を返します。空白は全角半角問わず取り除かれます。2つ以上の空白が並んでいてもすべて取り除かれます。
 RTrim$関数については、戻り値の型が文字列型となります。

使用例

表記例出力例説明
RTrim("   あいうえお   ")   あいうえお左側の空白は取り除かれず残っています
RTrim("   あ い う え お   ")   あ い う え お左側の空白は取り除かれず残っています。文字間にある空白も取り除かれません
RTrim$("   あいうえお   ")   あいうえお$つきの場合、戻り値の型が文字列型となります

書式

   RTrim(文字列)
   RTrim$(文字列)

備考

 −