IsNull関数

 指定した値がNullであるかどうかを表す値を返します。具体的にはNullであるときはTrueもしくは-1を返し、NullでないときはFalseもしくは0を返します(クエリやレポート等では-1や0と表示され、VBAのイミディエイトウインドウやメッセージボックスではTrueやFalseと表示されます。VBAでも計算に組み込んだ場合は-1や0として扱われます)。

使用例

表記例出力例説明
IsNull(Null)-1Nullであるときの戻り値は-1です
IsNull("あいうえお")0Nullでないときの戻り値は0です
IsNull("")0""は長さ0の文字列でありNullではありませんので戻り値は0となります

書式

   IsNull(値)

備考

 Null値を別の値変換する場合はIIf関数とIsnull関数を組み合わせて用いるほか、Nz関数を用いるのも一つの方法です。