Str関数

 指定した数値を文字列に変換します。

使用例

表記例出力例説明
Str(123) 123指定した数値が正の場合、先頭に半角の空白(プラスの符号を意味します)を含む文字列として返されます
Str(-123)-123
Str(123.45) 123.45
Str("123") 123数値とみなされるものであれば文字列を指定することも出来ます
Str("あいうえお123")(エラー)数値とみなされない文字列を含むとエラーとなります

書式

Str(数値)

備考

 CStr関数などでも同じようなことはできますが、この関数では引数をプラスの数値とした場合に先頭にスペースが付与されるという独特の仕様があります。しかしそのような文字列が欲しいということはなかなかないと思いますので、使う機会はあまりないかと思います。