クエリで抽出条件としてNull値を指定する

 Nullであること、つまり値が何も入力されていないことを条件としてデータを抽出する方法です。Excelの場合は何も入力されていないセルと空文字列(="")の区別があいまいなところがあります(ISBLANK関数で区別できますが)が、Accessではそうはいきませんので注意が必要です。

f:id:accs2014:20161010233503p:plain:right:w400

 右のようなテーブルを用いて、「知恵」列の値がNullである行(レコード)を抽出するものとします。


f:id:accs2014:20161010233502p:plain:right:w400

 クエリデザインで、該当する列の「抽出条件」欄に「Is Null」と記入します。単に「Null」としても補完されますが、「=Null」とか「=""」などとしてしまうとうまくいきませんので注意が必要です。


f:id:accs2014:20161010233501p:plain:right:w400

 狙った通り抽出されました。
 なお、Nullでない行を抽出する場合は「Is Null」の代わりに「Is Not Null」とすればOKです。
 余談ですがNullの抽出は「IF関数ではなくIIf関数」、「MOD関数ではなくMod演算子」と並んでAccessを久々に使ったときに忘れやすい事項かと思います。