長さの指定の際に使える単位

f:id:accs2014:20171004001929p:plain:right:w400

 デザインモードで長さを表す単位はcmとなっていますが、入力時にはcm以外にもいくつかの単位が使えます。
 画像はレポートのデザインモードで、ここでは2つあるテキストボックスのうち上の方にあるものの幅を1in、つまり1インチと入力しようとしています。


f:id:accs2014:20171004001926p:plain:right:w400

 入力すると2.54cmとなりました。
 結果的にcmで表されていますが、このように入力時にはcm以外の単位も用いることができます。


 このように使える単位には次のようなものがあります。
 2~4列目は値を1,10,1000としたときの変換結果です。

単位×1×10×1000
twip0.002cm0.018cm1.764cm
px0.026cm0.265cm26.455cm
pt0.035cm0.353cm35.273cm
cm1cm10cm-
in2.54cm25.397cm-

f:id:accs2014:20171004001921p:plain:right:w300

 ところで、下の方のテキストボックスのコントロールソースは「=[テキスト0].[Width]」となっており、上の方のテキストボックスの幅を表示するものとなっています。これを印刷プレビューで見るとこうなります。
 このときの単位はtwipです(1in=1440twip)。長さは内部的にはtwip単位で記録されていて、0に近い長さを指定したときに0.002cmになったり、1.2cmとしたときに1.199cmになったりするのはこれが原因です。