関数と演算子

関数とは

Accessではさまざまな情報は基本的にテーブルに記録されます。これに対し、例えば記録されている数字の合計を求めたり、ひらがなをカタカナに変換したり、生年月日から年齢を求めたり、といったように、データを集計したり加工することがしばしば必要となり…

関数の機能と記し方

関数を実際にどこにどのように記すのかは次の節で示すこととし、ここでは、関数の基本的な機能と表記の仕方を紹介します。 引数と戻り値 引数の記し方 引数が数値の場合 引数が文字列の場合 引数が日付や時刻の場合 引数が列名の場合 複数の引数を指定する場…

各オブジェクトでの関数の使用

ここでは、テーブル、クエリ、フォーム、レポートの各オブジェクトにおいて、具体的に関数をどのように記して利用するのかを示します。 テーブルでの使用 テーブルでの使用集計列での使用 古いバージョンのAccessではテーブルで関数は一切使えませんでしたが…

Accessの重要関数

Accessには多くの関数が用意されており、クエリで利用できるものだけでも百数十種にのぼりますが、頻繁に使うものは極めて限られていますのでここで主要なものを紹介します。 なお、詳細については個々の関数の解説ページにリンクしていますのでそちらも参考…

Access関数一覧

Accessで使用できる関数の一覧です。クエリの式ビルダーで表示される組み込み関数の分類に沿って示していますので、同じものが2度現れる場合があります。また、Join関数などのVBA関数は掲載していません。 「関数/引数」欄をクリックするとそれぞれの関数の…

Access演算子一覧

Accessで使用できる演算子の一覧です。 クエリの式ビルダーで表示される演算子の分類に沿って示しています。 算術/比較/論理/文字列 算術 四則演算、べき乗、剰余(余り)の演算子からなります。 演算子表記例結果例説明 -7-25-(-3)58減算(引き算)を表…

Day関数

指定した日付時刻から日の値を返します。使用例 表記例出力例説明 Day(#2015/09/16#)16 Day(#2015/09/16 12:34:56#)16 Day("平成27年9月16日")16文字列も指定できます Day("9月16日")16月日のみの文字列も指定できます Day("16日")(エラー)日のみの文字列…

Month関数

指定した日付時刻から月の値を返します。使用例 表記例出力例説明 Month(#2015/09/16#)9Month(#2015/09/16 12:34:56#)9 Month("平成27年9月16日")9文字列も指定できますMonth("平成27年9月")9年月のみの文字列も指定できます Month("9月16日")9月日のみの文…

Year関数

指定した日付時刻から年の値(西暦)を返します。使用例 表記例出力例説明 Year(#2015/09/16#)2015 Year(#2015/09/16 12:34:56#)2015 Year("平成27年9月16日")2015文字列も指定できます Year("平成27年9月")2015年月のみの文字列も指定できます Year("平成27…

Abs関数

指定した数値の絶対値を返します。つまり数値がプラスか0の場合はそのままの値を、マイナスの場合はマイナスの符号を除いた値を返します。使用例 表記例出力例説明 Abs(19)19 Abs(-23)23 Abs(0)0 書式 Abs(数値)備考 絶対値は、数値にSgn(数値)をかけるとい…

Sqr関数

指定した数値の平方根を返します。使用例 表記例出力例説明 Sqr(36)6 Sqr(5)2.23606797749979 Sqr(-1)(エラー)負の値を指定するとエラーとなります 書式 Sqr(数値)備考 べき乗の演算子(^)で代用できます。例えば「Sqr(36)」は「36^0.5」や「36^(1/2)」で…

Sgn関数

指定した数値の符号を表す数値を返します。使用例表記例出力例説明Sgn(123)1正の値をを指定した場合、符号は1となりますSgn(-123)-1負の値をを指定した場合、符号は-1となりますSgn(0)00を指定した場合は0となります書式 Sgn(数値)備考 Switch関数などを用い…

Exp関数

自然対数の底(e)を指定した数値でべき乗した値を返します。使用例表記例出力例説明Exp(2)7.38905609893065e^2≒7.39となりますExp(Log(5))5Logの逆関数ですExp(1)2.71828182845905e^1=eですExp(0)10乗は当然1となります書式 Exp(数値)備考 上記のように、e…

String関数(String$関数)

指定した文字列の頭文字を、指定した数値の数だけ繰り返した文字列を返します。 String$関数については、戻り値の型が文字列型となります。使用例表記例出力例説明String(3,"-")---String(3,"-+")---2文字以上の文字列を指定しても、繰り返されるのは最初の1…

Log関数

指定した数値の自然対数を返します。つまり、e^x=(指定した数値)であるところのxを返します。使用例表記例出力例説明Log(10)2.30258509299405e^2.032≒10よりLog(Exp(5))5Expの逆関数ですLog(0)(エラー)数値0を指定した場合、エラーとなりますLog(-1)(エラ…

Asc関数

指定した文字列の最初の1文字の文字コードを返します。使用例 表記例出力例説明 Asc("S")83 Asc("Sample")832文字目以降は出力に影響しません Asc("s")115 Asc(2)50数字を直接指定することも可能です Asc("2")50ダブルクオーテーションで囲っても同じ結果と…

Trim関数(Trim$関数)

指定した文字列の最初と最後にある空白を取り除いた文字列を返します。空白は全角半角問わず取り除かれます。2つ以上の空白が並んでいてもすべて取り除かれます。 Trim$関数については、戻り値の型が文字列型となります。使用例 表記例出力例説明 Trim(" あ…

Ucase関数(Ucase$関数)

指定した文字列のうち小文字を大文字にした文字列を返します。 Ucase$関数については、戻り値の型が文字列型となります。使用例表記例出力例説明Ucase("abcde")ABCDEUcase("abcde")ABCDE全角も変換されますUcase("あいうえおabcde一二三")あいうえ…

LCase関数(LCase$関数)

指定した文字列のうち大文字を小文字にした文字列を返します。 LCase$関数については、戻り値の型が文字列型となります。使用例表記例出力例説明LCase("ABCDE")abcdeLCase("ABCDE")abcde全角も変換されますLCase("あいうえおABCDE一二三")あいうえ…

DateValue関数

指定した日付時刻の日付を返します。 戻り値は日付型となります。使用例 表記例出力例説明 DateValue(#2015/09/16 12:34:56#)2015/09/16日付部分のみ返されます DateValue("平成27年9月16日")2015/09/16文字列を指定することもできます DateValue("平成27年9…

Space関数(Space$関数)

指定した数値の数だけ、半角の空白を繰り返した文字列を返します。 Space$関数については、戻り値の型が文字列型となります。使用例 表記例出力例説明 Space(3)(半角の空白3つ) Space(4.4)(半角の空白4つ)数値が小数の場合、回数は小数点以下を偶数丸め…

Atn関数

指定した数値のアークタンジェント(逆正接関数)を返します。単位はラジアンであり、-1/2π(≒-1.571)より大きく1/2π(≒1.571)より小さいものとなります。使用例表記例出力例説明Atn(0.1)0.099668652491162Atn(0.3)0.291456794477867Atn(99999)1.570786326…

Timer関数

システムの時刻を秒単位で表した値を返します。つまり午前0時から何秒経過しているのかを返します。使用例表記例出力例説明Timer()84332.6484375午後11時25分ごろの実行結果です書式 Timer() 引数はありませんがカッコが必要です。備考 VBAでループ命令と組…

Date関数(Date$関数)

システムの日付を返します。 Date$関数については、戻り値の型が文字列型となります。使用例表記例出力例説明Date()2015/06/16平成27年6月16日の実行結果ですDate$()2015-06-16Date$関数の戻り値はハイフンで区切られた文字列型となります書式 Date() Date$(…

Sln関数

定額法により計算した各期の減価償却額(償却期間中における額)を返します。使用例表記例出力例説明Sln(300000,30000,10)27000Sln(300000,30000,-10)-27000償却期間がマイナスとなる不自然な値指定の例Sln(300000,3000000,10)-270000取得価額Sln(300000,300…

Cos関数

指定した数値(ラジアン)に対するコサインの値を返します。 戻り値は-1以上1以下の数値となります。使用例表記例出力例説明Cos(0)1Cos(1)0.54030230586814Cos(3.14)-0.99999873172754書式 Cos(数値)備考 角度としてラジアンではなく度数を与えたい場合は、…

RGB関数

指定したレッド、グリーン、ブルーの数値(10進数)に対応したカラーコード(10進数)を返します。RGB各8ビット(0〜255)まで対応していますので、戻り値の範囲は0〜16777215となります。使用例表記例出力例説明RGB(0,0,0)0黒(黒つぶれの黒)に対応した値R…

Fix関数

指定した数値の整数部分を返します。使用例表記例出力例説明Fix(3.8)3Fix(3.2)3Fix(3)3Fix(-3.2)-3Fix(-3.8)-3書式 Fix(数値)備考 Int関数(指定した数値以下の整数のうち最も大きいものを返す)との微妙な違いがしばしば混乱のもととなります。

Rnd関数

0以上1未満の乱数を返します。シード値を引数として指定することが可能です。使用例表記例出力例説明Rnd(-1)0.2240070104599マイナスの引数を指定した場合、その値をシード値とする値が返されます。同じ値を指定すればいつでも同じ結果となります。Rnd(-2)0.…

Sin関数

指定した数値(ラジアン)に対するサインの値を返します。 戻り値は-1以上1以下の数値となります。使用例表記例出力例説明Sin(0)0Sin(1)0.841470984807897Sin(3.14)1.59265291648683E-03書式 Sin(数値)備考 角度としてラジアンではなく度数を与えたい場合は…